残業代請求でお悩み解決
2020年9月6日

未払い残業代を取り戻すために弁護士へ

残業代が払われていない場合の対処方法として、個人でできることもいくつかあります。しかしながら、未払い残業代の請求は会社に対して行うものであり、会社内で圧力がかかったり、うわさが広がり仕事がやりづらくなったり、また、証拠をそろえるなどかなりの根気や気力などが必要になってくる大変な作業になってしまいます。一人で戦っていても、大変な作業のため、未払い残業代の請求を途中であきらめてしまう人も少なくありません。初期段階での請求で、会社がすぐに残業代を払うような結果になれば問題ありませんが、会社が支払いを拒むような場合には、弁護士に相談することで身体的精神的労力を軽減できることにつながります。

また、弁護士は法律を熟知したプロですし、特に労働問題に力を入れている弁護士は、残業代未払いのケースをいくつも目にしたリ、対処したりしています。そのため経験や知恵が豊富にあるので、残業代が戻ってくる確率もぐんと上がります。また、支払い請求を拒否され、裁判までいくというケースは多くあります。実際に裁判までいくとなればとてつもない労力が必要になってきます。

残業代を受け取るということは、労働者として当然の権利です。しかしその請求の過程で、疲労してしまい仕事ができない、未払い残業代の請求をあきらめるといったことになってしまっては意味がありません。そうならないためにも、未払い残業代の請求が長引きそうな場合には、弁護士に依頼するというのも一つの方法になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *