残業代請求でお悩み解決
2020年9月12日

未払い残業代の請求は弁護士に相談しよう

未払い残業代を会社に支払ってもらう事は非常に難しいものです。多くの企業では人件費を削減するために様々な対策を行っており、本人は残業しているつもりであっても、雇用契約上残業が成立しない契約になっていることもあるため、法律的な根拠をもってしっかりと対応しないと取り合ってもらえないばかりでなく、社内での立場が不利になってしまうことも少なくありません。そのため、未払い残業代の請求を行う場合には、弁護士に相談し法律的な裏付けをしっかりと確認してから行うことが必要です。最近は会社と社員の労働契約において、様々な仕組みができあがっています。

残業代を固定化する契約や、成果主義として労働時間に関係なく業務の実績を評価し報酬を与えると言う方法です。しかし、本来はこのような契約は労働者本人にそのメリットとデメリットをしっかりと理解させ、納得した上で個別に契約することが必要ですが、実際には半強制的に行われている実態があります。本人がこれらの労働契約の内容をしっかりと理解して契約を行っていない場合には、基本的には労働時間に応じた残業代を支払わなければいけないことになっていますが、企業側は契約をしたことを盾に残業代を支払わないケースが非常に多くなっています。そのため、弁護士に相談しこの契約が無効であることや、もしくは契約条件にない労働を強いられたと言うことを立証することが必要になります。

実際に未払い残業代を請求する場合には、労働契約の内容は本人が理解しているものと違うこと、そして支給された金額以上の長時間の残業を行っていることを法律的に証明することが重要です。そのため、経験豊富な弁護士に相談し、その根拠をしっかりと集めて会社側に提示するとともに、労働基準法に抵触していることをしっかりと示すことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *