プロペシアによるAGA治療は継続することが大切です

AGA治療薬として最も日本で知られているものがプロペシアで、男性型脱毛症の原因となるDHTを抑制させる効果があります。プロペシアを服用することによって、DHTの抑制効果を継続的に得るためには、服用を続けることが条件となります。目に見える効果が得られるまでは最低でも3か月以上の服用が必要と言われており、AGA治療を開始するときには飲み続けることができるかどうか十分に検討しておくことが大切です。プロペシアは薄毛治療を行っている病院で処方してもらうことができますが、保険が適用されない自由診療の扱いになります。

そのため1錠あたりの価格は250円ほどかかる計算となるために、初診料や再診料などを合わせると1か月あたりの出費は1万円ほどかかると言えます。プロペシアによるAGA治療を長期的に行うためには、経済的な負担についても考えておく必要があり、服用を止めてしまうことによって再びAGAが進行してしまうことを把握しておかなければなりません。プロペシアにはジェネリック医薬品として、フィンペシアという薬も販売されているので、薄毛治療が受けられるクリニックを受診して、フィンペシアの購入が可能かどうか相談してみるのも良いでしょう。また、プロペシアを服用することによって、一定の割合で副作用が生じることが考えられます。

代表的な副作用としては、頭痛や頭皮のかゆみ、腹痛、性欲の減退などがあります。副作用の症状がひどいときには、服用を中止して医師に相談する必要があると言えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です