医療機関で実施されている薄毛治療

髪の毛は、漢方では血の余りと表現されている様に、生きていくために使用した栄養素の残りにより構成されている部分です。このために、仮に髪の毛を全てなくしたとしても、健康に対しての直接的な影響はありません。しかし、見た目の印象は大きく変わってしまうので、社会的には影響を受けてしまいます。特に、10代や20代といった見た目が気になる年齢で抜け毛や薄毛に見舞われてしまうと、かなり深刻な状況になってしまいます。

ただし現在では、この様な状況からでも回復させることが可能となっています。それは、医療機関での薄毛治療が本格的に開始されており、特に男性の薄毛の大部分を占めているAGAという症状に対しては厚生労働省にも承認されている内服薬が開発されているからです。AGAとは、生え際から頭頂部にかけての部分が薄毛となる症状で、中年以降の男性に多く見られています。この症状は、成長期に分泌量が急増する男性ホルモンのテストステロンが、5α還元酵素に変換されて出来るDHTという物質が原因です。

薄毛治療で使用される内服薬は、5α還元酵素の活性を阻害するという内容で、脱毛の原因物質であるDHTの生産を抑制します。これにより、薄毛が進行する根本的な原因が改善されるので、髪の毛は自然な状態へと回復します。この薄毛治療で使用される内服薬は、1年間の臨床試験により98パーセントの割合で不変以上の効果を確認されており、日本皮膚科学会でも強く推奨できると評価されています。亀頭増大のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です