髪の毛の悩みを解決できる植毛

髪の毛の悩みを抱えている日本人男性は大勢います。日本人男性の約26%が薄毛の悩みをかかえています。2004年に行われた調査では実数にして約1300万人が薄毛であるとの結果でした。薄毛の原因はストレス等の精神的な負担も要因として考えられますが、最も多くみられるのが男性型脱毛症です。

男性型脱毛症は男性ホルモンが特定の酵素の影響を受け、DHTに変質し、毛髪の成長を阻害することで毛髪が成長する前に脱毛へと至る症状です。また、遺伝的要素も大きく関係するといわれています。女性の場合も、多くの方が薄毛で悩まれています。多くは結婚や出産のストレスでホルモンバランスが崩れること、年齢による髪質の老化が原因です。

薄毛に対する解決法はいろいろなものがあります。カツラや特殊な吸着剤で毛髪を貼り付ける方法、育毛剤、植毛等が挙げられます。これらの中で最も効果的なものが植毛です。その中でも自毛植毛という手法がお勧めです。

これは、文字通り、自分の毛髪を移植します。そのため、見た目に美しい自然な仕上がりになります。また、髪が伸びたとしても違和感がないため、周囲に気付かれることはありません。さらに、自分の髪を移植しているため、メンテナンスの必要がないため、ランニングコストがかからないことも魅力の一つです。

移植に使用する毛髪ですが、ドナーエリアと呼ばれる部分の毛髪を使用します。これは後頭部や側頭部にあたりますが、この部分は脱毛を引き起こすホルモンの影響を受けません。また、移植した先でもこの性質を持ち続けるため、生涯にわたり生え続ける髪の毛が生えてきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です