植毛で薄毛の悩みを改善する

薄毛の治療法としては医薬品で改善していく方法もありますが、効果には個人差がありますので、すでにかなり薄毛が進行している場合などは十分な効果が得られない場合もあります。そういった場合にも対処方法はあり、薄毛になった部分に直接髪を植え込む植毛という治療も注目されています。植毛には人工毛を使う方法と人毛を使う方法があります。人工毛の場合は髪が伸びるのを待つ必要がないので、すぐに理想のボリュームを得ることができるのがメリットですが、一度抜けると生えてきませんので、継続してメンテナンスが必要です。

そして人工毛は異物ということもあり拒絶反応が起こりやすい傾向にあります。最近では自らの髪の一部を使って、薄毛部分に植毛する自毛植毛がよく選ばれています。この方法では、後頭部や側頭部から目立たないように一部髪を採取し、その髪を細かく株分けして薄くなった部分に植え込んでいきます。この場合は定着したり、髪が伸びるのを待つ必要がありますが、そのかわり本物の髪ですので、ずっと伸び続けてくれますので、人工毛植毛のようなメンテナンスは必要ありません。

本物の髪で増やせることもあり、仕上がりも自然で、様々なヘアカットやパーマも楽しむことができます。かつては、メスを使って皮膚ごと髪を切り取ることが多く、傷跡が残る、ダウンタイムが長いなどの欠点もありましたが、最近はメスを使わずに毛髪を採取できる技術も進んだことから、より体への負担も少なく、傷跡も目立たずに治療できるようになりました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です