自毛植毛のカウンセリングについての基準

AGAを筆頭に、脱毛症に悩む人が増える一方にあります。職場や家庭へのストレスも起因していますが、男性ホルモンの変異によって髪の生毛が阻害されていき、そのまま頭が禿げていくケースが多いです。脱毛に関する対処にはかつら(ウィッグ)の装着が考えられますが、本人が思っていた以上に不自然に見られる欠点があります。そこで、クリニックで実施される自毛植毛が求められることになります。

自毛植毛とは、その名の通り自分の毛を植える行為のことで、おもに後頭部の毛髪を移植する手術のことを指します。本来ある毛髪を使っての手術のため、ナチュラルな仕上がりを見せてくれる特性があります。近年では、美容系のクリニックを中心に植毛を謳って宣伝している傾向にありますが、植毛には相応の技術と経験が不可欠です。そのため、病院選びには慎重に行う必要があり、植毛に関する口コミサイトなどを参考に、複数の候補から選別するのが推奨されます。

また、カウンセリングにも判断材料の基準となり、不明瞭な治療法や手術への勧誘などを聞かされた場合は避けた方がいいです。カウンセリングには、大きく分けて一般所見と局所所見の項目があります。年齢や健康状態などを伺うのが一般所見にあたり、局所所見では脱毛の状態や毛の特徴を調べ上げたりします。さまざまな見地から自毛植毛のメリットとデメリットなどを説明された場合、信頼できるクリニックであると判断し、あとは患者自身が手術を受けるか否かを決めるだけになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です