おもちゃ, サブスク

おもちゃのサブスクのおすすめの消毒方法

寝返りにハイハイなど、一人歩きを始めた赤ちゃんは目に見えるものを手に取りそれを口に入れるといった行動を行うようになります。小さなものが部屋の中にあるとそれを誤飲して喉に詰まらせてしまうリスクがあるので、普段から口に入れるようなものが落ちてないか、保護者は確認しなければなりません。これは口に入るような大きさのものだけでなく、子ども用の玩具も同じことがいえます。おもちゃのサブスクは、新品の知育玩具が自宅に届くこともありますが、他の家でレンタルが行われていた中古品のケースも多いので、衛生面において大丈夫なのだろうか、このような心配をする人も多いことでしょう。

そのため、おもちゃのサブスクは返却された玩具はきれいに洗浄したものを提供できるよう徹底したサービスを提供しているので安心です。ただ、おもちゃのサブスクによりその洗浄方法などの違いがあるので、いくつかのサービスを比較するときは洗浄の仕方についても調べておきたい部分の一つといえます。おもちゃのサブスクで提供される玩具の種類は、大きく分けると木製・布製・プラスチック製、3つに分類されます。木製の場合は水に浸けることで水分を吸収してしまう、これにより木材が傷む原因になるので除菌シートを利用して表面を拭き取ると良いでしょう。

このとき、しっかり乾燥させてアルコールを揮発させることがポイントです。布製は水洗いや洗濯可能なものは丸洗い、プラスチック製は浸け置きが可能になるので、表面を水洗いして浸け置き消毒用の薬液で消毒しておくと安心です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です